2012年08月13日

8月9日長崎にて

IMAG0052-1.JPG9日朝、熊本県玉名郡の長州港からフェリーで長崎に向った。

すべるように進む船の前方にやがて雲仙岳が姿を現す。白い  雨模様の空のもと有明海は静かだった。
雲の帯をした幻想的な山並みは、21年前に普賢岳の大火砕流に
よる惨事があったことが信じられないほど悠々としていた。

 長崎県を訪れるのは2度目である。7年前は、『ナガサキの郵便
配達』を出版し、物語の主人公である谷口すみ輝さんや核廃絶の
運動を続けている高校生に本を届けるためだった。今回はただ
この日に被爆地に立ち、平和記念像の前で祈るためだけだった。
80歳を超えられた谷口さんは、トルーマン大統領の孫ダニエルさ
んに会われたり、核廃絶に命をかけたご活躍ぶりは相変わら
ずで、今も地方紙に大きく取り上げられており、多忙をきわめて
いらした。

 平和公園で各国から贈られた平和を願うさまざまな像を一つ
一つ眺め、世界のすべての国が平和になるように、すべての
国がオリンピックで会い、仲良く汗をかける日がくるように
と祈った。

 被爆者の店の本のコーナーには、『ナガサキの郵便配達』がきち
んと置かれていた。多くの人に読み継がれている本を出版できた
喜びを感じた瞬間だった。 (S)
posted by よも出版かまくら at 09:33| Comment(0) | 日記

2012年08月02日

小さな木の実の青空

今日も暑い日差しです。
小社より刊行した本に『小さな木の実ノート』があります。
もう40年ちかく前にNHKみんなのうたで発表されて以来、父から子へのあふれる想いを託した歌詞に、
ビゼーの哀愁漂う旋律が心にしみる名曲「小さな木の実」を絵本にしたものです。
もともとこの歌は、
作詞家で詩人の海野洋司さんがはじめて人の親になった感慨を詩に残したい……と創作したものです。
 
 
konomi2a.jpg
人はいつかこの世から去る……私も。

それがいつになるかは天のみが知ることだが、私がいなくても、

しっかりと生きてくれるのだろうか……そんな子になってくれるのだろうか。

どうか、たとえひとりぼっちになっても、希望を持って、

この素晴らしい世界を強く生きていって欲しい。(『小さな木の実ノート』よも出版刊より抜粋)
 
 
その絵本の中から今日の青空みたいな絵がありましたのでご紹介します。
posted by よも出版かまくら at 17:01| Comment(0) | 日記