2012年12月13日

ハワイのオバマ大統領の母校からの手紙

 ハワイのプナホウ高校(オバマ大統領の母校)の日本語教室の先生から『想い出のサダコ』とMemories of sadakoをさしあげたことへのお礼の手紙が届きました。
 便箋2枚にていねいな日本語でびっしり書かれたお手紙でした。
被爆二世の方で、ハワイ在住42年。プナホウ高校の先生として日本語を教えながら、教材作りなどを通し平和活動を続けていらっしゃる、とありました。
 お名前はピーターソン・ひろみさん。広島とハワイのかけはしとなるよう、4年前には教材の印税を基金として広島平和スカラシップを立ち上げられたとのこと。
毎年、生徒2人と先生一人を広島に送り、広島の平和メッセージを学校中に広めていらっしゃるそうです。
 Memories of Sadakoの監訳者スティーブン・リーパー氏との交流もあるということで、本をとても喜んで下さいました。
「いただいた御本は私たちの副読本に使わせていただくことになるでしょう。貴重な本をご寄付くださいまして誠にありがとうございました。」とお手紙は結ばれていました。

 今の世界を見ていると、隣国のみならず、核兵器反対、戦争反対をもっともっと私たちは声をあげて世界へ訴えなければならない、と痛切に思います。それを地道に実行していらっしゃる被爆二世のひろみさんに頭が下がりました。 (S)
memories_img.jpg
posted by よも出版かまくら at 14:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: