2013年04月28日

ピーターソンひろみさんからの手紙

(よも出版の横川節子宛のメールを全文掲載します。)
横川様、

今日、学校にて、お送りくださいました毎日小学生新聞を受け取りました。
三日にも渡り連載してくださり、心よりお礼申し上げます。
わざわざハワイに、プナホウに来て下さいまして、このような記事を書いて
下さったことに、感動しております。日本の子供達に、親達に、おじいちゃん
おばあちゃんに、私達がしてきた、していることを紹介してくださって、
その広がりを思う時、何か底知れないメッセージをハワイから日本に届け
させていただいたようで、思わず「お母さん、こんな事って起こるんだね」
って独り言をつぶやいてしまいました。白血病で亡くなった、母も姉も
ありがとうって言ってくれてるようで、心熱くなりました。

19日の金曜日に学校でサステイナビリティーフェアがあり、私の生徒達も
参加して、サダコのメッセージを学校のコミュニティーに発信してくれました。
小学生がポケットから一ドル札を出して、寄付してくれたりして、嬉しかった
です。高校生から小学生に何とも嬉しい光景でしたよ。今年の広島平和スカラシップ
の生徒二人が用意してくれたバナーに平和のサインをしてもらったり、折り鶴を
折ってくれたり、結局85ドルも集まり、パールハーバーにさっそく寄付しました。
小さな種よ、大きくな〜れです。

この夏は、13人のハワイとシアトルの高校生を連れて、京都(同志社)―高知(土佐塾)
―広島(女学院)の日本の高校生と交流を重ねてまいります。
高校生のうちに、国を超えて、友達になってもらうことが、平和への一歩と思いますので、
25日間の旅行となりますが、私の体力にもチャレンジしてがんばってみようと
思っています。

お元気で、またいつかどこかでお目にかかれることを願いつつ、平和の種を
捲きましょうね。ありがとうございました!

ピーターソンひろみ
yukichan2.jpg
posted by よも出版かまくら at 22:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: