2013年07月17日

広がる『想い出のサダコ』のメッセージ (1)

 原爆の子の像のモデル佐々木禎子(サダコ)の最後の活き活きとした姿は、小社が2005年に発行した絵本『想い出のサダコ』の中で鮮やかに描き出されました。
命の尊さと、それを思春期の入り口で奪う戦争の酷さを、大倉さんが抑えた言葉で見事に描き出し、夜川けんたろうさんの挿絵とあいまって、発売当時から人々の心に響き、多くの方に読まれてきました。
英文にも訳され世界へも羽ばたいています。この作品が今年さらに大きな広がりを見せてくれています。

 女優であり尚美ミュージックカレッジの声優学科の講師でもある滝沢ロコさん演出の朗読構成劇『想い出のサダコ』が6月30日、7月7日、7月10日と3回続けて上演されたのです。
東京では尚美ミュージックカレッジのスタジオブーカで、7日は横浜美術館の小ホールで、10日は小田原市の旭丘高校で。
出演は尚美の滝沢先生の教え子たちです。
スタジオブーカで上演されるのは今年で3回目ですが、生徒さんたちの初々しい舞台に思わず涙があふれてきます。
それぞれの声にこめられた想いが見ている私たちの心にビンビン伝わってくるのです。
核兵器はいらない、サダコちゃんの悲劇をくり返さないで、という叫びが聞こえてくるのです。(つづく)

omoidenosadako.jpg
posted by よも出版かまくら at 19:39| Comment(0) | 日記

2013年06月20日

朗読劇『想い出のサダコ』が今年も上演されます。

 昨年、一昨年に続き尚美ミュージックカレッジの声優学科の生徒さんたちによる『想い出のサダコ』の朗読劇が東京文京区本郷の尚美ミュージックカレッジ・スタジオ・ブーカで上演されます。
 原爆の子の像のモデルとなった佐々木禎子さんと広島の病院でベッドを並べ、励まし合いながらツルを折り続けた大倉記代さんが亡くなる直前に綴ったサダコちゃんの姿は、2005年10月に小社より絵本として出版されました。今回演出を担当される、女優で尚美ミュージックカレッジの講師でもある滝沢ロコさんは、出版されたその年から『想い出のサダコ』の朗読を始められ、以来、あちこちで朗読劇として上演されてきました。
 2011年からは、若い世代の人たちに繋げたい、と生徒さんたちによる朗読劇の上演を始められたのです。
 若い人たちの願いがサダコを通して伝わってくる清々しい舞台をぜひみなさんにご覧いただきたいと思います。(S)


<SHOBI声優学科リーディング・ライブ>
朗読構成劇「想い出のサダコ」演出:滝沢ロコ

日時◇2013年6月30日(日)
開演◇14時30分〈予定〉開場は30分前です。
入場◇無料
場所◇スタジオ ブーカ(SHOBI本館地下2階)
主催◇尚美ミュージックカレッジ専門学校 声優学科
お問い合わせ◇電話03-3814-8764(声優学科直通)


shobi.JPG

posted by よも出版かまくら at 13:04| Comment(0) | 日記

2013年04月28日

ピーターソンひろみさんからの手紙

(よも出版の横川節子宛のメールを全文掲載します。)
横川様、

今日、学校にて、お送りくださいました毎日小学生新聞を受け取りました。
三日にも渡り連載してくださり、心よりお礼申し上げます。
わざわざハワイに、プナホウに来て下さいまして、このような記事を書いて
下さったことに、感動しております。日本の子供達に、親達に、おじいちゃん
おばあちゃんに、私達がしてきた、していることを紹介してくださって、
その広がりを思う時、何か底知れないメッセージをハワイから日本に届け
させていただいたようで、思わず「お母さん、こんな事って起こるんだね」
って独り言をつぶやいてしまいました。白血病で亡くなった、母も姉も
ありがとうって言ってくれてるようで、心熱くなりました。

19日の金曜日に学校でサステイナビリティーフェアがあり、私の生徒達も
参加して、サダコのメッセージを学校のコミュニティーに発信してくれました。
小学生がポケットから一ドル札を出して、寄付してくれたりして、嬉しかった
です。高校生から小学生に何とも嬉しい光景でしたよ。今年の広島平和スカラシップ
の生徒二人が用意してくれたバナーに平和のサインをしてもらったり、折り鶴を
折ってくれたり、結局85ドルも集まり、パールハーバーにさっそく寄付しました。
小さな種よ、大きくな〜れです。

この夏は、13人のハワイとシアトルの高校生を連れて、京都(同志社)―高知(土佐塾)
―広島(女学院)の日本の高校生と交流を重ねてまいります。
高校生のうちに、国を超えて、友達になってもらうことが、平和への一歩と思いますので、
25日間の旅行となりますが、私の体力にもチャレンジしてがんばってみようと
思っています。

お元気で、またいつかどこかでお目にかかれることを願いつつ、平和の種を
捲きましょうね。ありがとうございました!

ピーターソンひろみ
yukichan2.jpg
posted by よも出版かまくら at 22:08| Comment(0) | 日記